スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北旅 その8


長らく続けてきました東北旅ですが、今回、最終回です。

宮城県を抜け、福島県までやってきました。

DSC_0908_convert_20130605202603.jpg

浪江町役場の近くです。

DSC_0930_convert_20130605202620.jpg

浪江町と南相馬市の境。

DSC_0945_convert_20130605202639.jpg

で、折角なら行ける限界まで行ってみようということで、国道6号をひたすら南下し検問にあたった所で引き返してきました。

DSC_0992_convert_20130605202855.jpg

浪江町と双葉町の境で検問してました。残念ながら道中警察官・車両が多数いたため撮影は出来ておりません。

DSC_0012_convert_20130605201935.jpg

ちなみに、福島第一原発から6Kmの場所でした。

DSC_0026_convert_20130605202024.jpg

未だにひっくり返ったままの車が。

DSC_0049_convert_20130605202101.jpg

DSC_0059_convert_20130605202210.jpg

DSC_0071_convert_20130605202224.jpg

常磐線、小高駅近くのホームセンターです。

DSC_0090_convert_20130605202520.jpg

ひとつ奥に入った道路は未だに陥没したままでした。

DSC_0081_convert_20130605202315.jpg

一見、普通の町なのですが、人が一人もいませんでした。

DSC_0095_convert_20130605202524.jpg

まとめ

今回のGW東北旅、思いついたのは3月のおわりでした。それから少しづつ準備を始めていたのですが、
4月半ば頃にふと、行った所で何が出来るのか、単なる冷やかしで終わるのではないかという不安に陥りました。
ですが、被災地に行って実際にお金を使う事が一番の復興になると信じ、出来る限り地元商店で買い物をすると決めて東北へ向かったのです。

東北に着いて、テレビや新聞などでは得られないもの、におい、あじ、その場の空気、そして海からの距離、標高、
被災された方々の温かさ、こういったものは実際に行って見ないと全くわかりません。
そういった貴重な体験が出来た事はとても大きな事だったと思います。
是非、皆さんにも行って見ていただきたいのですが、けっして、遊び半分、大勢でワイワイ行く事は止めて下さい。
ほぼ全てが観光地ではありません。被災された方々の気持ちを常に考えて下さい。
実際、そんな人が少数いました。

行く事が難しくても、“忘れない”ことが重要だと思います。
被災地の出来事に敏感に反応する、東北展を訪れる、そういった事でもいいんじゃないでしょうか。
日が取れれば、私はまた、必ず行きます。

今回の旅は終わりですが、まだまだ支援は必要なので、

続く。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おつかれさま(´ー`)
プロフィール

KET-R

Author:KET-R
ミニカーメインのブログのはずが、最近は風景写真にはまっております。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。